腰の痛み

LINEで送る
Pocket

西洋医学において腰痛の80%は原因不明と言われています。レントゲン撮影の所見で異常は見当たらない場合、筋肉の硬さまでみてもらう事は少ないです。しかし、痛みのもとは筋肉の硬さや骨盤の歪みにある場合が多く、治療院よしぐちの治療は大変有効です。

症状と原因

長時間、同じ姿勢での立ち姿や座っている時間が長くなると、背骨を支えている脊柱起立筋が疲れてきます。腰痛の原因の多くは、この筋肉疲労から来ています。筋肉の運動は常に、伸びて縮んでを繰り返して縮んだ筋肉が伸びなくなった状態が筋疲労であり、こりになり痛みの原因になります。

痛みの原因には大きく分けて、3種類あります。

  1. 筋肉由来 :筋肉は常に伸びて縮んでを繰り返しています。縮んだ筋肉が伸びなくなることが、筋疲労でありこりです。この状態で、急に筋肉が伸ばされた時に痛みます。
  2. 背骨由来: 腰椎椎間板ヘルニア、腰椎辷り症、腰部脊柱管狭窄症等の骨の中の痛み。この場合、坐骨神経痛を発症する事があります。

*坐骨神経痛は坐骨神経痛の記事を参照してください

3.骨盤の歪み(ここが結構、見落としがち)が多いです。骨盤は、左右の腸骨と仙骨という三角形の骨から形成されていて、骨盤の歪みとは仙腸関節の歪みになります。

病院での診断

主に病院ではレントゲン画像診断で腰痛の原因を見つけていきます。しかし、腰痛の80%は原因不明と言われていて、はっきりとレントゲンに映らなければ原因が不明と診断されます。この場合、筋肉が大きな原因になっています。病気からくる腰痛も多くありますので整形外科での受診をお勧めします。

病気以外の腰痛の原因として、大きく3種類に分けられます。

  1. 筋肉由来の場合:腰の比較的上の辺り。脇腹から背骨にかけて、みぞおちの裏側辺り。身体を姿勢を変えるなど動かしたりしたときに痛みます。比較的、動作をしなければ痛まない。
  2. 背骨由来の場合:腰の骨(腰に手を当てそのまま背中側に手をスライドさせてきた位置)背骨の上に痛みはあり、ズキズキとか刺すような痛み。動作の有無にかかわらず、痛みはあります。
  3. 尾てい骨の上辺りで、重いズーンとするような痛みで腰の不安定感、パンツをはくとき足が上げずらい、椅子から立ち上がる時に尾てい骨周辺に痛みが出ます。

個人差によって色々な痛み方がありますが参考にしてください。

当院での治療方法と症例

腰痛の原因が病気からではない場合、マッサージで筋肉を緩めていきます。筋肉が硬くなっての腰痛でしたら痛みは消失します。腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症でも、腰周辺の筋肉が硬くなっていますので緩めることで痛みの軽減は可能です。その後で、治療院よしぐちのオリジナル治療をします。

Kさんの症例

腰痛を訴え、整形外科での受診をしましたが痛みは取れませんでした。紹介で来院され、身体を診させていただき「腰痛の原因が骨盤の歪みからで必ず治ります」とお伝えして施術に入りました。長い期間の痛みでしたので、筋肉は硬くなっています。痛みの出ないように、ゆっくりと時間をかけて腰回りの筋肉を緩めていき、最後に骨盤調整をし痛みは数日で治りました。後日、再度の来院時「もう腰の痛みは治らないと諦めていた、でも必ず治ると聞いて治療後うれしくて、喫茶店で一人で乾杯をしました」と言われました。これこそが、治療師冥利に尽きる言葉をいただき、心がほっこりしました。

自分で出来ること

まず、生活習慣を見直してください。例えば、椅子に座って足を組む、横座り等。また座ったときにお尻の位置より膝が高くなる椅子(ふかふかのソファー等)このような姿勢は骨盤を歪ませ腰痛の原因になりますのでご注意ください。

一日の仕事終わりに、腰のストレッチをしてください。

腰の痛みでお悩みな方は、どうぞ治療院よしぐちまでご相談、ご連絡をください。お待ちしています。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA