腰痛について

LINEで送る
Pocket

腰痛のさまざまな症状や原因についてまとめました。当院来られる患者さんで腰痛の方はとても多いです。それぞれ、対策や、実際に施術させていただいた方の話を書いています。腰痛でお悩みの方のご参考になればよいなと思っています。

治療院よしぐちのスタッフは、全員あん摩マッサージ指圧師免許を持っていますが、お問い合わせがあったときには整体治療院ですとご説明しています。筋肉を緩めて骨が本来あるべき位置に戻ることが一番だと考えているからです。

腰痛治療のそれぞれの記事で、来院された患者さんの事例をご紹介しています。腰痛はとてもつらいものです。早く回復するのが一番です。必要であれば、整形外科を受診することをおすすめすることもあります。

患者さんがどうしたら一番早くよくなるかをいつも考えるようにしています。

腰痛についていくつか記事を書いてきましたので、簡単にご紹介します。

腰痛予防に腹筋運動は効果的でないことが多い

腰痛予防に腹筋をするとよいといわれていました。

しかし、実は、あまり効果的ではありません。それよりも、最近よく聞く、体幹、インナーマッスルを鍛えることの方が腰痛にはずっと効果的です。本来、力を使う筋肉が発達する前は、どなたも使っていた筋肉です。骨盤底筋群を鍛えるための、いつでも誰でもどこにいてもすぐにできる方法を1つご紹介しています。

腰痛がよくなったらラジオ体操をしましょう

腰痛がよくなっても、朝起きて最初に体を動かすときに痛いという方がいます。痛かった記憶があるので、動かすのが怖いのです。

腰痛の治療をしながらよくなってきたら、積極的に動かす必要があります。専門的なストレッチやヨガもよいですが、まずおすすめしたいのは、多分、知らない人はいない、「ラジオ体操」です。

今でも、毎朝NHKラジオ第一で放送しています。ラジオにあわせてしてもよいですし、いまは、YouTubeでラジオ体操が公開されていますから、いつでもできます。

左側ばかり腰痛になるのはなぜ?

時々、左側ばかり(あるいは右側)腰痛になるのはなぜですか?と聞かれます。

たいていの方の腰痛は左側右側どちらかに起きています。身体の動きにそれぞれ癖があるからです。

また、仕事の時の姿勢も関係があります。美容師さん、歯科医の先生は、まっすぐ立って仕事をすることがほとんどありません。このような職業の方は腰痛になりやすいです。

ふくらはぎが痛い。腰痛やしびれがある時は注意して

もっとも気になる症状がふくらはぎ。ふくらはぎが痛い。筋肉痛かなと思うことはあります。しかし、同時に腰痛やしびれがある時は、それを無視しないようにしてください。

当院では、整形外科を受診することをおすすめしています。

腰椎ヘルニアになり、坐骨神経痛が起きているかもしれないからです。

枕やマットを換える前に身体を柔らかくする

コロナ時代になり、在宅勤務が当たり前になりました。通勤の大変さやストレスがなくなるかわりに、運動不足になりやすいです。腰痛になる人も増えています。

今は、いろいろな寝具があり、CMで流れているので、東急ハンズやデパートに行くと体験できます。いいなあと思って買ってもしばらくすると身体に合わないなんてことが起きます。

いろいろな寝具はありますが、まず、身体のが柔らかく適応力がある状態をご自分でつくることを心がけてください。

テレワークをきっかけに走ろうと思った方、その前に歩きましょう

最近、テレワークのおかげで運動不足になり、それを解消するために走る人が増えたように思います。もともとスポーツをやっている方は問題ありませんが、普段何もしていない方がいきなり走り始めると、膝痛、腰痛を起こしやすくなります。

最初は膝痛ですが、じき、順番として必ず腰痛が出てきます。いままで走っていないのですから当たり前です。

まず、走る筋肉を準備するために、歩く。それも、ある程度長時間歩くことで、走るための準備をすることをおすすめします。

腰椎にできた嚢胞が原因の坐骨神経痛

当院スタッフが自分で経験した話です。最初は筋肉が固くなったことによる坐骨神経痛だと思われたのですが、筋肉を緩めても症状がよくならずひどい痛みに変わり、その原因が腰椎4番5番間の右側にできた嚢胞であることがわかり手術をしてもらうことでよくなりました。

坐骨神経痛で長くお悩みの方。腰痛はなくお尻から足に痛みが出る方で、治療を長く続けているのに症状が改善しない方は、脊椎脊髄末梢神経外科を受診すると原因が早くわかるかもしれません。「経験者は語る」ではないですが、長くお悩みの方はどうぞご相談下さい。

腰痛になった時「冷やす?」「温める?」

腰痛になった時、冷やすのか温めるのかよく聞かれます。

ギックリ腰のような急な痛みは冷やします。疲れて「また腰痛が出て来た」というタイプの慢性的な痛みは温めます。急な痛みは炎症を抑えるためにしっかり冷やす必要があります。湿布では深部まで冷えませんよ。

筋肉の深いところまで冷やす「アイシング」が必要です。

原因のわからない腰痛といわれたら

腰痛になり、整形外科の先生に原因がよくわからないといわれると不安になるかもしれません。

腰痛の80%は原因がわからないのだとか。原因がわからないのは、レントゲンに写らない場所だからかもしれません。

腰痛の原因は、背骨自体に原因がある場合のほか、疲労して伸びにくくなった筋肉や、数ミリ単位の骨盤のゆがみが原因で腰痛が起こることがあります。

腰部脊柱管狭窄症について

腰部脊柱管狭窄症と診断された場合、当院で治療できる場合とできない場合があります。

治療できる場合は、骨のずれ(すべり症など)や椎間板ヘルニアなどによって脊髄神経が圧迫されている場合です。これは周辺の筋肉を時間をかけてストレッチを取り入れながらもみほぐし、柔らかくすることで骨を正常な位置に戻します。すると、神経の圧迫が解消され、痛みが軽減し、やがて解放されます。

一方、治療できない場合は、脊髄神経が通っている脊柱管内部が、何らかの原因で圧迫されて細くなっている場合です。この場合は手術してその原因を取り除くしかありません。

昔、腰を痛めたことが今の腰痛の原因になることはあまりない

若い頃、腰を痛めたことが原因で腰痛持ちになったという話をよく聞きますが、多くの場合、それは現在の腰痛とは関係がありません。

たいてい原因は、今の間違った腰に負担のかかる身体の使い方と、ひょっとすると腰痛対策のためにしている筋トレに原因があるかもしれません。

出産前の骨盤調整と出産後の骨盤調整

出産前の骨盤調整は、妊婦さんの腰痛を予防し、赤ちゃんには居心地のよい環境をつくることができます。

出産前は、お腹が大きくなって重心が前に移動し反り腰気味になり、バランスが崩れてきます。本来、重心は身体の真ん中にあるのが理想です。

お腹の中の赤ちゃんの成長に伴い、重心が前になっていくことで腰痛になる方が多くいらっしゃいます。

坐骨神経痛は腰痛から

坐骨神経は、背骨の下方(腰椎4番~仙骨3番)より出ている親指ほどの太さがある神経です。お尻のえくぼ付近から皮膚の表面に近い所を通り、太ももの裏側から膝の裏を通り足先まで伸びている長い神経です。

坐骨神経痛は、文字通り、坐骨神経に沿って出る神経痛です。坐骨神経は太い神経だけに傷むとなかなか治りにくいと言われています。お尻から足先にかけて、広くしびれや痛みが出るのが特徴です。

坐骨神経痛は、お尻のえくぼ付近から始まり、足先まで伸びている長い坐骨神経に沿って発生する神経痛です。広い範囲にしびれや痛みが出るのが特徴です。たいていの場合腰痛がありますが、腰痛が出ない場合もあります。

椎体骨折(圧迫骨折)とギックリ腰を間違えないで

お年寄りの、突然の腰痛は椎体骨折(圧迫骨折)を疑います。骨粗しょう症が原因の骨折です。まず整形外科を受診してください。

お年寄りが「ギックリ腰で急に腰が痛くなった」といわれた時、椎体骨折を起こしている可能性があります。椎体(ついたい)骨折は、何年か前まで圧迫骨折といわれてきましたが、最近ではこちらのことばが使われます。

原因は、加齢による骨粗しょう症(骨粗鬆症)です。骨が弱り、骨折しやすくなっているのです。当院でもギックリ腰になったと言われ来院されましたが、実は椎体骨折だった方が何人もいました。転倒、尻もち等でも起こりえます。ご注意下さい。

ギックリ腰

ぎっくり腰の原因は、腰の筋肉が縮んで伸びなくなった筋疲労状態が続いたことで起こります。症状が出る前には身体が出す危険信号があります。重度の椎間板ヘルニアでなければ1週間から10日間ぐらいで痛みの軽減は見られますが、なにもしない場合、痛み、違和感が長く続くこともあります。

当院では、まず冷やして炎症を鎮め、患部より遠い場所の筋肉や、お腹の中の深いところにある大腰筋筋から緩めていきます。

腰痛にお悩みの方は、治療院よしぐちまで連絡、ご相談下さい。お電話お待ちしています。自由が丘駅南口から徒歩3分、奥沢駅から徒歩5分の整体治療院です。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA