原因のわからない腰痛といわれたら

LINEで送る
Pocket

腰痛になり、先生に原因がよくわからないといわれると不安になります。腰痛の80%は原因がわからないのだとか。原因がわからないのは、レントゲンに写らないかもしれません。疲労して伸びにくくなった筋肉や、数ミリ単位の骨盤のゆがみが原因で腰痛が起こることがあります。

 

腰痛の80%の原因はわからない?

当院では、腰に痛みが出たとき、まず整形外科を受診するようにおすすめしています。レントゲンを撮ってもらうと原因がはっきりするからです。

しかし、整形外科に行っても腰痛の原因が不明で、なかなか痛みがおさまらないと来院される方がいらっしゃいます。ネットで少し調べてみると、腰痛の80%は原因不明といわれるとか。原因不明といわれるとなんとなく不安になります。

しかし、ものごとには、必ず原因があります。

考えられる原因は3つあります

腰痛で来院された患者さんを診せていただくとき、私たちはその原因を大きく3つに分けて考えます。

  1. 背骨自体に原因:腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などの痛み
  2. 筋肉に原因:筋肉の運動は伸びて縮んでの繰り返しで、筋肉が疲労を起こして伸びなくなる事による痛み
  3. 骨盤の歪みに原因:骨盤を形成している仙腸関節の歪みによる痛み

背骨に原因がある腰痛

1枚レントゲン写真を用意しました。

見ていただければおわかりになると思います。このように骨がはっきり写ります。もし、骨が欠けていたり、骨がずれているとすぐにわかります。整形外科の先生は、まず、レントゲンを撮って骨に異常がないか判断します。

骨に異常があればレントゲンに写ります

当院で、痛みがある患者さんにまず整形外科の受診をおすすめしているのは、骨に異常がないか診てもらってほしいからです。

背骨に原因がある腰痛は、腰の骨(腰に手を当てそのまま背中側に手をスライドさせてきた位置)背骨の上に痛みがあり、ズキズキと刺すような痛み。動作の有無にかかわらず、痛みがあるのが特徴です。

腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、この場合、坐骨神経痛を発症する事があります。

*坐骨神経痛は坐骨神経痛の記事を参照してください

筋肉に原因がある腰痛

筋肉に原因がある腰痛は、腰の比較的上のあたり。脇腹から背骨にかけて、みぞおちの裏側辺りが痛みます。姿勢を変えるなど身体を動かしたときに痛みます。比較的、動かなければ痛まないのが特徴です。

長時間、同じ姿勢での立ち姿や座っている時間が長くなると、背骨を支えている脊柱起立筋が疲れてきます。腰痛の原因の多くは、このような筋肉疲労から来ています。筋肉の運動は常に、伸びて縮んでを繰り返して縮んだ筋肉が伸びなくなった状態が筋疲労であり、「こり」になり、さらに痛みの原因になります

この状態で、急に筋肉が伸ばされた時に痛みます。

骨盤の歪みが原因の腰痛は尾てい骨の上の腰痛

骨盤の歪みが原因の腰痛は、尾てい骨の上が痛みます。尾てい骨の上あたりに、重いズーンとするような痛みがあり、腰に不安定感があり、パンツをはくとき足が上げずらい感じがします。また、椅子から立ち上がる時に尾てい骨周辺に痛みが出ます。

この原因は、骨盤の歪み(ここが結構見落としがち)が多いです。骨盤は、左右の腸骨と仙骨という三角形の骨から形成されていて、骨盤の歪みとは仙腸関節の歪みになります。

私たちは骨盤のゆがみをよく話題にします。骨盤はもちろんレントゲンに写ります。しかし、レントゲンでわかるほど骨盤がゆがんで変形しているなら、それは大変なことです。立って歩くことなどできません。大けがで救急車を呼ぶ事態です。

一般の方が骨盤を調整すると聞くと、目にみえるくらい、例えば数センチ動かすように思われるかもしれません。しかし、実際に調整するのは、ミリ単位のことです。

知っていただきたいのは、ミリ単位のゆがみが腰痛の原因になっていることです。体は微妙なバランスを保ちながら立ったり歩いたりしているのです。

当院での症例

整形外科で原因がわからない腰痛といわれた方の症例を2つご紹介します。

70代 女性 Kさん

腰の痛みで、来院していただきました。整形外科での治療を受けていたのですが、原因が分からず、動けないほどの痛みでは有りませんでした。

痛みの出ている場所、座っていて椅子から立ち上がるなど初動作の時に痛みがあり、スラックスを履くときに足が上げづらい等、問診で原因が骨盤の歪みによるものと推測し、骨盤調整をしました。

骨盤の歪みが原因の場合、骨盤調整をして個人差にもよりますが2日後くらいには痛み、違和感が消失します。

Kさんも、3日後には痛みが消失して「来院して良かった」と喜んでいただけました。このように、原因は必ずあります。当院に来ていただいて良かった症例です。

自分で出来ること

まず、生活習慣を見直してください。例えば、椅子に座って足を組む、横座り等。また座ったときにお尻の位置より膝が高くなる椅子(ふかふかのソファー等)このような姿勢は骨盤を歪ませ腰痛の原因になりますのでご注意ください。

一日の仕事終わりに、腰のストレッチをしてください。

適切なアドバイスをするよう心がけています

当院では、骨盤の歪み、筋肉にアプローチして痛みを取り除いていきます。腰痛の原因である腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症にも対応しています。

また、来院された方に整形外科の診断、治療が必要な方には適切なアドバイスをさせていただき、整形外科での受診もおすすめしています。

さらに、腰痛は他の病気が原因で起こる場合もあります。おかしいなと感じたら病院に行くこともおすすめしています。

腰部脊柱管狭窄症に関しては、腰の痛みはでません。痛み、シビレが出るのは神経の通り道の下肢に出てきます。腰の痛みがある場合には、他に原因が考えられ原因のもとを探していきます。

腰部脊柱管狭窄症に関しては、別に記事を書いています。こちらをお読み下さい。

整形外科で原因不明と言われた腰痛でお困りな方、どうぞ治療院よしぐちまでご連絡お待ちしています。まずは、お電話でご相談ください。自由が丘駅南口から徒歩3分、奥沢駅から徒歩5分の整体治療院です。

この他の腰痛についての記事は、腰痛についてをお読み下さい。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA