坐骨神経痛は腰痛から

LINEで送る
Pocket

坐骨神経痛は、お尻のえくぼ付近から始まり足先まで伸びている、長い坐骨神経に沿って発生する神経痛です。広い範囲にしびれや痛みが出るのが特徴です。大きく4つのタイプに分けられますが、結石や腫瘍など病気が原因になっていなければ、治療院よしぐちの施術が大変有効です。

坐骨神経痛とは

坐骨神経は、背骨の下方より出ている親指ほどの太さがある神経です。お尻のえくぼ付近から始まり、太ももの裏側から膝の裏を通り足先まで伸びている長い神経です。

坐骨神経痛は、文字通り、坐骨神経に沿って出る神経痛です。坐骨神経は太い神経だけに傷むとなかなか治りにくいと言われています。お尻から足先にかけて、広くしびれや痛みが出るのが特徴です。

始まりはお尻あたりの違和感(ずーんとする何ともいえない軽い鈍痛感)から。やがて、違和感がしびれになり、さらに痛みに変わっていきます。

 

原因と症状

坐骨神経は長く太い神経で、坐骨神経痛の原因は、主に4つに分けられます。症状の始まりは弱いしびれや痛みですが、「大したことがない」と安心は禁物です。

まず、坐骨神経について、どこにあるのか見ていただける図をご用意しました。お分かりになるでしょうか?色がついているのが坐骨神経です。お尻からももの後ろ側、膝の下でふくらはぎからすねに向けて二叉(ふたまた)に分岐し、足先に向かって伸びています。

坐骨神経が走っている場所を見ると、「手の親指ほどの太さがある」と書いたことが分かっていただけると思います。歩いたり走ったりすることにも関係がある大切な神経です。

お尻のえくぼといわれている場所から太ももの裏側に、膝の裏からすねの横やふくらはぎにかけて、しびれや痛みが出てきます。しかし、まだしびれや痛みが弱いからと安心しないで下さい。

坐骨神経痛の原因は、大きく4つに分けられます。

  1. 腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などによる坐骨神経痛
  2. 腰部筋肉の緊張による坐骨神経痛
  3. 梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)による坐骨神経痛
  4. 疾病等による坐骨神経痛(腫瘍、尿管結石等。尿管結石の場合、神経痛の痛みは数日で消失します)

以下、それぞれの説明をします。

腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などによって起こる坐骨神経痛

腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症等があるために起こる坐骨神経痛です。坐骨神経が圧迫されて、しびれや痛みを発症します。下肢が筋力低下を起こし、筋肉が短い間にやせていきます。そして、痛みで夜も眠れなくなります。

腰部椎間板ヘルニアが原因で坐骨神経痛が起こる場合、痛みは左右どちらかの足に出ることがほとんどです。一方、左右両足に坐骨神経痛が出ているときは、脊柱管狭窄症を疑います。

*腰部椎間板ヘルニアはギックリ腰の記事を参照してください

腰周辺の筋肉緊張による坐骨神経痛

腰周辺の筋肉が、生活習慣(仕事や椅子の座り方)や冷えによって硬くなり、それら筋肉に圧迫されて起こる坐骨神経痛です。

普段、座っているだけでも筋肉は伸び縮みを繰り返していて、筋疲労が起きます。これに冷えなどが加わって筋肉が硬くなります。それが坐骨神経の原因になります。

しかし、この場合、マッサージやストレッチによって硬くなった筋肉をゆるめることで坐骨神経痛は改善します。

梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)

長時間座っていることや、反対に運動を突然始めたことで身体が驚いて梨状筋(りじょうきん)が硬くなり、梨状筋に圧迫されて起こる坐骨神経痛です。

梨状筋(りじょうきん)とはお尻の深部にある筋肉で、この筋肉が坐骨神経と接しているため、腰部筋肉が緊張した時と同じように、梨状筋が硬くなり坐骨神経を圧迫したために神経痛がおきます。

坐骨神経痛を起こす原因の中でとても多いです。

長時間、おかしな姿勢で座っていたり、運動不足の方がいきなり運動を始めたことで筋肉が硬くなり痛みが出ることがあります。また、過度のトレーニングにより、アスリートに多く発症する場合があります。

しかし、梨状筋症候群の場合、筋肉の緊張をマッサージやストレッチで緩めると改善しやすいものです。

神経痛解消および予防には、下の写真のようなストレッチが大変有効なのですが、坐骨神経痛には、次に書く、他の病気が原因になっている場合があるので、まず整形外科を受診することをおすすめしています。

疾病による坐骨神経痛

過去、少ないながらも尿管結石や脊椎にある腫瘍が原因で坐骨神経痛が起きた場合がありました。

当院での症例で、骨や筋肉の損傷などを原因としない坐骨神経痛はまれです。しかし、少ないながらも尿管結石や脊椎に腫瘍が原因で坐骨神経痛が起きた症例がありました。尿管結石からの痛みは2~3日で消失します。痛みが引かない場合は、他の疾病の疑いがあります。

腎臓結石が原因の痛みでは、尿細管を通った時に坐骨神経を刺激して痛みを誘発したと考えられます。この場合の痛みは2~3日で自然に消失します。

脊椎の腫瘍が見つかったケースでは、レントゲン画像診断である程度分かりましたが、医師から「大きな病院で診てもらってください」とアドバイスされて、他の医療機関でのMRI画像で腫瘍が見つかりました。

病院での診断

坐骨神経痛ではないかと思われる方には、まず、整形外科を受診することをおすすめしています。

ご自分の痛みが坐骨神経痛ではないかと思われている方。坐骨神経痛の症状がどこから来ているのか?原因を探すことは大切です。何故なら、背骨の腫瘍、尿管結石等、筋肉や骨とは関係ない病気で坐骨神経痛を引き起こすこともあるからです。先ず整形外科での受診をお勧めします。

腫瘍や尿管結石の場合レントゲン撮影で分かりますが、坐骨神経が筋肉に圧迫されている場合は残念ながらレントゲンでは分かりません。また、坐骨神経が圧迫され続けることで、筋肉がやせ衰え足の感覚消失を招いてきます。原因をまず突き止めてください。

上記の①~③が原因の場合、治療院よしぐちの施術はお役に立てます。

ただし、④に関して尿管結石は膀胱に石が移動すれば自然に痛みは消えます。腫瘍の場合は、神経が腫瘍によって圧迫されているので、手術で取り除かなければ痛みの改善は望めないと思います。

当院での治療方法と症例

坐骨神経痛の場合、急に痛みになることは少なく違和感、しびれから始まり痛みに移行します。足に違和感を感じたらすぐに治療を始められることをお勧めします。痛みの出ている場所を中心にストレッチを取り入れて全身の施術をします。

全身の筋肉の硬さを確認して、特に腰からお尻にかけてマッサージで筋肉を緩め、骨盤調整を取り入れます。当院のマッサージだけで良くなった方で、骨盤調整を必要としない症例もありました。筋肉の硬さだけが原因でした。

ある患者さんは初めての坐骨神経痛の痛みで驚き、足を引きずって来られたのですが、ホットパックで温めながらマッサージしているうちに治まってしまったという幸せなケースもあります。

また整形外科で「もう治らないから上手に付き合ってね」と言われ、大変ショックを受けた方が紹介で来院され少し時間がかかりましたが完治し「坐骨神経痛は治るのですね」と大変喜んでいただけました。以降、坐骨神経痛の出ない身体つくりを指導させていただき、セルフケアをしながら予防として月一回来院していただいています。

自分でできること

坐骨神経痛にはマッサージ、ストレッチが大変に有効です。冷えることで筋肉は固くなりますので、冷やさないように注意してください。

寒い冬よりも、暑い夏ほど冷房で体は芯から冷えています。夜遅くまで仕事で帰宅してからのお風呂は面倒ですね。来院される方にお聞きしますと、暑い夏ほどシャワーで済ませる方が多いようです。

神経痛には冷えは大敵ですし、病の基です。冷房の効いた部屋、薄着で冷たい飲み物をとっていると身体を芯から冷やし免疫機能を低下させます。どうぞ、皆さん意識して湯船に浸かり身体を温めてストレッチをして筋肉疲労や痛みを取り除いてください。

身体が硬い方、高齢者の方は、下の写真のような無理のないストレッチで十分です。大事なのはいまどこの部分を伸ばしているのか意識することです。

今、坐骨神経痛で悩んでいる方はどうぞ治療院よしぐちまでご相談、お電話ください。お待ちしています。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

金峰山でのハプニング

次の記事

肩こりによる頭痛