くるぶし・かかとの痛みの場合

LINEで送る
Pocket

朝起きた時に感じる足首やかかとの痛みは骨盤のゆがみが原因のことが多いです。ただし、踵(かかと)が痛む場合は、まず整形外科を受診して下さい。足底筋膜炎の場合があります。もし、足底筋膜炎になっていたらストレッチで痛みが軽減できます。それ以外は、骨盤のゆがみを矯正することで痛みがなくなります。

突然の足首、かかとの痛みの原因は骨盤のゆがみから

朝、ベッドから降りて歩き出したとき、くるぶし付近や、踵の痛み。

ある朝、突然の踵の痛みと、おぼえのない捻挫したときと同じような痛み。これは、骨盤のゆがみが原因として考えられます。

ゆがむ場所を説明します。下のざっくり骨盤図の、赤線が引かれている仙腸関節、もしくは腸骨(矢印)の部分です。ここの場所に痛みがで出ていると、骨盤の歪みを考えます。

身体全体の筋肉は、皮膚に近い浅層筋、中間層筋、奥にある深層筋で構成されており、各々働きをもっています。疲労して縮んだ筋肉が腸骨(下図)を後傾または前傾させ、それにより臀部(お尻)の筋肉も引き攣れ、さらに太ももの裏側の深いところにある筋肉が引っ張られていくのです。

例えば、毛糸のセーターをイメージしてみてください。袖のところにほつれがあり、飛び出している一本の毛糸を引っ張ると腕の付け根の方まで、引き攣れて行くのと同じようなものと思ってください。

そしてその先にある足首、踵(かかと)の筋肉が引っ張られて、骨についている筋肉の場所が痛むのです。

痛みの程度によっては整形外科での受診をお勧めします。なぜなら足底筋膜炎である可能性があり、踵(かかと)の痛みにとても多い症例なのです。ただし、骨盤の歪みによる痛みは筋肉由来であり、レントゲンでは判断できないことが多いのです。

足をついた時に、かかとから突き上げるような痛み かかとの痛みは足底筋膜炎かも?

足底筋膜炎?

足底筋膜とは、土踏まずを作っている足指の付け根から踵にかけて張っている腱のことで、足の裏のアーチを保持しています。主な原因として、歩行やランニング時に過度の負担をかける、加齢による劣化などで足底筋膜に傷がつき、踵(かかと)から土踏まずにかけて強く痛むようになります。

特徴として、起床時ベッドから降りて歩き出すとき、長時間座っていた後に歩き始めるとき等の痛みがあげられます。

病院での診断は大事

踵(かかと)に出ている痛みの場合、整形外科での受診をお願いします。それは痛みの原因を探ることがとても大事で、医師によって足の診察と画像検査(レントゲン撮影)での診断を受け、踵(かかと)の部分に骨棘(こつきょく)という、とがった骨がトゲのように映った結果、足底筋膜炎と診断されます。この場合、適切なストレッチを行うことで痛みの軽減が見れます。

スポーツ等で重症化すると、劣化した足底筋膜の切除手術になるケースもあると言われています。その他の痛みの場合、身体のバランスの崩れによっておきている可能性が大きいです。

当院での治療方法と症例

視診では、施術室に入ってくる姿勢や歩き方を診ます。触診で患部の腫れ、熱感の有無、そしてカウンセリングで話を聞き、テスト法で痛みの原因が何処にあるのか見極めて施術をしていきます。痛みの場所だけにスポットをあて治療してもだめ。当院では、すべて身体の痛み(首、肩、腰)に対して、身体を部分的に診るのではなく、ホリスティック(全体的)な視点で捉え、マッサージとストレッチを併用してゆっくり筋肉を緩め、骨盤調整をして身体のバランスを整えていきます。

骨盤の歪みによる、踵(かかと)や足首の痛み捻挫のような痛みは2~3日で消失します。来院頻度によりますが、来院が早ければ早いほど良い結果が生まれます。

症例

当時60歳代の男性Aさんでした。朝起きて、ベッドから降り歩き出すときに内側のくるぶしに捻挫したような強い痛みを訴えて来院。話を聞くと前日にゴルフに行ったが足を捻った覚えがないとのことでした。

細かに検査をしていくと腸骨稜付近に痛みがあり(例えばスーパー銭湯で風呂上がりに、瓶の牛乳を飲む姿勢で腰に手を当てたときのことを想像してください)そのときの親指が当たる場所付近に痛みがありました。

注:上記ざっくり骨盤写真、腸骨の矢印部分です。

Aさんの場合、右側の骨盤が後ろに傾き、結果右足のくるぶしに強い痛みが。今回の痛みの原因は、骨盤のゆがみから来ている旨を説明し、緊張した筋肉を緩め、骨盤矯正をしました。痛みは約1~2日後位に消失する事を説明させていただき、説明通りに痛みは消失しました。

 

自分でできること(セルフケア等)

足底筋膜炎に関しては、ストレッチを行って硬くなった足底筋膜および下腿三頭筋(ふくらはぎ)の筋肉を緩めていきます。多くの場合、ストレッチを行うことで痛みは治まっていきます。治療院よしぐちでは、その時の症状に合わせた適切な方法のストレッチを指導させていただきます。

骨盤由来の足首の痛みに関しては、ご自身でのセルフケア等は残念ながらなく、来院していただき、マッサージで骨盤周りは当然のこと、全身の筋肉を緩めていき、骨盤矯正をしていかなくてはなりません(当院のマッサージだけで、痛みの取れる場合もあります)

痛みの取れた後のケア等は、ストレッチを日常的に習慣つけていだくことにより、今後、足首だけの痛みだけではなく腰痛等の予防として、歪み、痛みの出ない身体を作っていきましょう。

足首、踵(かかと)の痛みが出ている方は、先ずはご相談で結構です。治療院よしぐちまでお電話下さい。お待ちしています。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA