左側ばかり腰が痛くなるのはなぜ?

LINEで送る
Pocket

腰が痛くなるといつも左側なのはなぜですか?と聞かれました。たいていの方は、左側か右側のどちらかの腰が痛くなります。身体の動きにそれぞれ癖があるので腰痛もその影響で起きます。右利き左利きが左右の腰痛と関係があるかもしれません。また、仕事中の姿勢で偏りがひどくなることもあります。左右の偏りを防止するには、まず日常の身体の使い方を意識して直す必要があります。

 

右か左、片側が腰痛になることが多い

患者さんから、「私はいつも左側に腰が痛くなります。どうしてなのですか?」と聞かれました。

実はこのような方は多いです。痛むのは左側に限りません。いつも右側の腰だけ痛む方もいらっしゃいます。この原因は、みなさんの身体の使い方に癖(体癖)があるからです。

腰痛で来院される方の中に腰の真ん中が痛む方はめったにいません。

腰の真ん中に感じる腰痛も原因はどちらか片側にある

たまに、腰の真ん中が痛いと言われて来院される方もいますが、詳しく身体を診させていただくと、必ず左右どちらかの側の痛みが強いです。これは、全体の痛みが強いので真ん中に感じるだけで、治療が進むうちに真ん中に感じていたのが、片側の痛みだったと自覚できるようになります。

身体の動きにはそれぞれ癖がある

もともと、けがや病気等が原因であるなら別ですが、どんな方でも身体の動かし方には癖があります。例えば、階段を上がるときに先に出す足が決まっているように。怪我をするときに、必ず右側だけ、もしくは左側だけと決まっている方も多いように感じます。

私も数多くの怪我をしていますが、必ず右側です。一概には言えませんが、利き手、利き足が関係しているように思います。

職業による体の偏り

常に体を傾けて仕事をしている方は、体の偏りが出やすくなります。

当院には色々な職業の方が来院されます。

たとえば、美容師さんは、利き手にはさみ、反対の手にはくしを持ちカットします。鏡を見ながら、また、色々な角度からお客さんの頭を見て仕事をしているので、体を傾けていることが多いですね。重心を移動している時もどちらかに偏って立っていますので、自分では気づかないうちに片側の背中、腰、下肢に負担がかかり、筋疲労がたまり痛みにつながります。

歯科医の先生は、患者さんの口の中を治療するために前屈みになります。猫背の先生が多いですね。また、患者さんの口を横からのぞき込む姿勢になるので、どうしても体がねじれます。これも、一つの職業病ですね。

左右、偏りの予防方法

左右差の解消法は、日常生活でのよくない身体の使い方を意識的に直していかなければなりません。

私は車で通勤をしていてますが、通勤中よく見る光景で、身体を斜めにドアに寄りかかるようにしているドライバーがいます。必然的に片手でハンドルを持つようになりますね。この姿勢は、下で紹介するYさんと同じです。

また電車に乗ったときには、足を組んで座っている方も多いです。無意識に足を組んでしまうのでしょう。これもよくないです。このように、日頃の何気なくしてしまう習慣を半ば強制的に意識して直していかなければ難しいです。

運転する方は姿勢をなるべく正し、ハンドルを両手で持てば必然的に身体はまっすぐになります。意識してハンドルと正対するように運転してください。

また、座ったときに足を組んでしまう方は直ぐに元に戻すように意識づけしてください。癖ですので無意識にしてしまいますが、「あっ、いけない」とやめることを繰り返すうちに、足を組むことがなくなってきます。

一日の終わりに湯船に浸かり、ストレッチやストレッチポールと言う長さ98㎝直径15㎝のツールでその日の疲労を取り除くこともおすすめです。ストレッチをすると、左右差や偏りを自覚することができます。

しかし、疲れがたまってしまい疲労の許容を超えるとセルフケアだけでは取り除くことは難しくなります。ご自身の筋肉疲労や張り、バランスを客観的に判断するためにも身体を診させていただきお話をさせていただけたらと思います。

左側に腰痛があり、しびれや骨盤に鈍痛がある場合

腰痛のほかにしびれを感じる場合、坐骨神経痛が考えられます。以前、坐骨神経痛は腰痛からという記事を書いて詳しく説明してありますので、そちらをまずご参照ください。

骨盤に感じる鈍痛は、骨盤のゆがみによるものです。ゆがんでいる方が痛くなります。これはお尻の筋肉に硬さとして現れます。触診させていただければすぐにわかります。

左側の腰痛に加えて腹痛がある

また、たまに左側の腰痛と同時に腹痛を感じる方がいらっしゃいます。痛くなるのは腸のあたり。腹痛といってもお腹をこわした時、トイレに駆けこむ前に感じる痛みとは違います。鈍い痛みです。

この原因は、大腰筋が硬くなっているからです。

仰向けになっていただいて両膝を立ててお腹を押すと、腸の向こうに大腰筋が硬くなっていることを確認できます。大腰筋が硬くなる理由は、前かがみの姿勢が多いからです。

少し前なら、この症状は女性に多いといわれていました。台所で調理するときに前かがみの姿勢が多かったからです。しかし、今ならキッチンが機能的に変わっているので当てはまらないかもしれません。

当院の症例

 車の運転姿勢に問題があり、毎月のようにギックリ腰を起こし、しかもいつも左側だった方がいらっしゃいました。車の運転姿勢の癖は、他人に指摘してもらわないとなかなか自分では自覚できないと思います。

50歳代 男性 Yさん

大分前の話になりますが、Yさんは毎月のようにギックリ腰で来院されていました。それも決まって左側でした。何故、このようにギックリ腰が毎月起こるのか私は疑問に思っていました。

Yさんは車通勤でドアtoドア、仕事も観葉植物をレンタルされる会社に勤務し、ほぼ1日、車生活でした。仕事では、植物の重たい鉢から軽い鉢まで様々を移動し据え置きます。設置が終わり会社に戻ると、引き上げてきた植物を車から降ろして水をやり世話をします。

Yさんの場合、原因は、車の運転に問題がありました。

Yさんは、植物を運搬するため大きなワンボックスの車に乗っていました。その車には肘掛けが付いています、その肘掛けに運転中に左肘を乗せます。結果ハンドルは右手だけで持ち必然的に身体は斜めになります。この体勢は身体が長時間捻れたままですので、左側だけに負担がかかり疲労が蓄積され痛みになりました。

Yさんは、いつもの事なのでご自分では気がつきません。運転の姿勢が悪いことをお話して、マッサージとストレッチの施術をして蓄積した筋疲労を取り除き運転姿勢を直してもらいました。

ただ、長年の癖でしたので直すまでにはなかなか難しかったと後でお話ししてくれました。

いつも片側だけに痛みが出る方、ご自分の身体がいまどのような状態がお知りになりたい方は、治療院よしぐちまでご相談ください。ご連絡お待ちしています。自由が丘駅南口から徒歩3分、奥沢駅から徒歩5分の整体治療院です。

この他の腰痛についての記事は、腰痛についてをお読み下さい。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA