左側の首を寝違えた後、右側も寝違えてしまった

LINEで送る
Pocket

左の首を寝違えてなおりかけたら今度は右の首を寝違えた。寝違えることはたまにありますが、連続すると首に何か異常があるのかと不安に感じるものです。しかし、これは意外とよくあることです。首から背中にかけて広範囲の筋緊張があり、その中で一番重症なところ(この場合左首)が痛むのです。その痛みが和らぐと、次に痛いところが感じられるようになり、右の首を寝違えたと思うのです。人の身体は2カ所以上同時には痛みを感じられないのです。しかし、痛みの移動は身体が回復していく良い兆候でもあります。

左側の首を寝違えた後、右側も寝違えてしまった

定期的に来院されている患者さんから連絡がありました。「最初、左側の首を寝違えて痛みがあったが、痛み方が比較的軽かったので様子を見ていたら、何故か痛みが右側に移ってしまった」という症状なのです。

ご本人は、左側を寝違えた次にまた右側を寝違えたと思われて、寝違いを2回もやるなんてなにか首に異常があるのかと不安に思われたのです。すぐに来院されました。

原因は左側の首の痛みが軽くなったから

来院されて首をさわってみましたが、患者さんが気にするような異常はありません。

今回のように、寝違いの痛みが移動したといわれる方、意外と多いのです。左側から右側へだけでなく右側から左側へ移動したと感じる方もいます。

なぜ、移動するのか?

人の身体は痛みを二カ所以上同時に感じることができない

その答えは、「人の身体は痛みを二カ所以上同時に感じることができない」からなのです。

この患者さんは、寝違いが起きた時に首から背中全体の筋緊張が強く痛みを感じました。その時に一番痛かったのが左側の首だったのです。

実は広範囲に筋緊張が生じている

ところが、最初に強く痛いと感じていた左側の痛みが和らいで来ると、右側の痛みがはっきり分かるようになったのです。それで、寝違いが左側から右側に移ったと感じられるのです。痛みの移動は、痛かった場所の筋緊張が緩和されてきたことなので、回復の兆しと当院ではお話しをしています。

試しに右腕の二本の指を立てて、左腕の上を軽く押してみてください。二ヶ所をはっきり区別できますか?多分、ほとんどの方ができないと思います。えっ、と不思議に思われることでしょう。

蚊に刺されそうになった時は皮膚に止まった微妙な感覚を感知できるのに、それに比べてずっと強いけれど、二ヶ所の刺激は区別できないのです。

体の仕組みはこうなっているのです。面白いですね。

痛みが変化しないときは整形外科を受診してください

整形外科の受診の相談を受けるのですが、1回~2回診させていただいても痛みの変化がないようでしたら患者さんに整形外科での受診をお勧めしています。レントゲンを撮ってもらった方が患者さんも安心できると思います。

当院の治療

問診で発症の日にち、痛みの出る前までの行動等の経緯を聞いてから、治療に入ります。

背中の痛みの出ている遠い場所から順に筋肉をマッサージでほぐしていきます。筋肉が緩んだことを確認して、痛みに関連する背骨を一椎、一椎の可動域を広げて行きます。これは、痛みのある筋肉に関係する背骨を調整していくのです。

今回のような場合、寝違いを繰り返したと患者さんはとても不安に思うのですが、患者さんの体に起きていることはそれほど大変なことではありませんので、安心してよいですよ。

また、寝違いについては、以前、寝違いによる首の痛みという記事を書きました。そちらもお読み下さい。

寝違いを予防するためには

寝違いを予防していくのには筋肉を硬くしない事です。同じ姿勢を長時間続けることで、筋肉が収縮して血管を圧迫し血流が悪くなります。

肩の体操:デスクワークの方は水分補給をして、一時間に一回くらい立ち上がり、大きく手を上げて背伸びをした後、首をゆっくりと左右に倒し、首筋を伸ばし肩を大きくグルグルと回すなどしてください。その後で肩をぎゅうっと上(肩をすぼめるように)に持ち上げ1~2秒後ストンと落とす体操をすると肩周りが軽くなります。

気分転換も兼ねて続けて下さい。寝違い防止には効果があります。

筋肉の緊張の原因として意外と知られていないのが睡眠です。とくに首の緊張が大変強い患者さんは、例外なく睡眠不足になっています。強く意識して、質の良い睡眠をとるように心がけてください。でも、これが一番簡単な方法なのですが、難しいことなのかもしれませんね。

当院の症例

仕事柄、ずっと同じ姿勢でディスプレイを見続けていた方が左右の寝違いを起こした症例です。

50代 女性 Iさん

定期的に来ていただき、ゴルフを趣味として楽しんでいられる明るい女性です。

仕事は一日PCのディスプレイと向き合っているそうで、首から肩、背中にかけて硬くなっていました。痛みの主訴は右の肩から背中の痛み。マッサージで背面全体を緩めて様子を見てもらうことでその日の治療は終わりました。

1週間後に来院してもらいましたが、治療後弱い痛みが3~4日続いた後に痛みが左側の同じ場所に移動したと報告を受けました。痛みの移動について、人は2カ所以上同時に痛みを感じられないことを説明させていただき、右側は良くなってきた事をお伝えして同じようにマッサージで身体を緩めました。

今回の治療後、左側の首から肩の痛みはかなり軽減して帰られました。

寝違い等でお悩みの方は、治療院よしぐちまでご相談ください。連絡をお待ちしています。自由が丘駅3分、奥沢駅5分の整体治療院です。

LINEで送る
Pocket

お待ちしています

営業日や営業時間。料金と地図。ご予約いただく時間表と電話番号はこちらからご覧いただけます。お気軽にご相談下さい。お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA