手首が痛い。その原因が骨盤の歪みにあった症例

LINEで送る
Pocket

手首が痛くなるのは、一般には手首の使い過ぎが原因です。しかし、骨盤の歪みが原因で手首が痛くなることがありました。お寿司屋さんのベテランの大将が「手首が痛い」と来院され、身体を緩めていくと腰部の筋肉が硬く、右側の骨盤が後傾し、微妙に上体が右側に捻れていました。これが握る姿勢に微妙に影響して前腕に負担をかけていたようです。

手首が痛いのはたいてい手首の使い過ぎが原因です

手首が痛いと来院される方がいらっしゃいます。

今の時代、毎日PCを使い、キーボードで入力するのが当たり前なので、それが一つの原因になっているようです。キーボードを打っている時、指を動かすと手首も細かく動きます。そして、指から受ける衝撃は、必ず手首にも伝わります。

また、それ以外にも、野球やテニスなどスポ-ツが原因で手首を痛める方がいます。ボールを打つときに手首を動かし、そしてボールを打つ衝撃が手首に伝わるからです。いわゆるスイートスポットに当たっていれば心地よいのですが、打ち損じは確実に手首に衝撃が伝わってきます。これを繰り返していると手首が痛くなってきます。

このように、手首が痛くなるのは、手首を繰り返し動かして疲労させ、さらに手首に衝撃を伝えていることが原因です。

お寿司屋さんの大将が手首が痛いと来られたのですが「なぜ?」と思いました

ところで、今回ご紹介する話は、定期的に来院されていたお寿司屋さんの大将のことです。美味しい寿司を握る大将が、手首の痛みを訴えて来院されました。

大将はこの道ウン十年のベテランで、聞いた話では、握るシャリの重さまで分かると言っていました。

しかし、「なぜ手首が痛いのだろう?」と思いました。

仕事が忙しいので使いすぎで痛みが出たのかと思いましたが、昨日今日、仕事を始めた方ではありません。いくら忙しくても技術でカバーします。

そんな方でも修業時代の若者のように手首に痛みが出るなんてことがあるのかと疑問に思いました。

原因は骨盤の歪みだった

早速、全身をマッサージで緩めながら診ていくと腰部の筋肉が硬く、骨盤に歪みが出ていました。右側の骨盤が後傾し、微妙に上体が右側に捻れていました。腰にも少し痛みが出ていました。

原因は、どうやら、仕事中の姿勢にあったようです。

腰に疲れをためたことで寿司を握る姿勢が微妙に変わり、背骨を支えている脊柱起立筋の片側が縮んで骨盤を引っ張り、歪みが出たようです。

大将はいつも下駄をはいて仕事をしています。下駄が骨盤を歪ます原因ではないですが、疲れがたまった腰には少し負担だったのかもしれません。

施術中、印象に残っているのは、大将がフェースマットに当たる顔を居心地悪そうに動かしていたことです。身体が捻れていたので当たり方が均等になりにくかったのでしょう。

姿勢の微妙な変化が前腕に負担をかけた

お寿司を握る時、腰に何も問題がなければ、両足の中心に重心を取る姿勢で握るのが一番身体にとって楽で、しかも力を自然に使えると思います。

ところが、腰が疲れていてどちらかの腰に痛みがあると、無意識にかばって反対側の腰に体重をかけて立ちます。その姿勢でお寿司を握る動作を真似してみると、本当に微妙なのですが、少し握りにくい感じがします。

その状態で普段通りの大将ご自慢のお寿司を握っていると、思いのほか前腕に負担をかけていたのだと思います。それで手首に痛みが出た。

私はお寿司を握ったことがないのでもちろん正確なところはわかりません。ただ、少し握りにくい姿勢で仕事をしていた大将が手首を痛めたことを考えると、お寿司を握ることはかなり繊細な神経を使って1個ずつ完成させる仕事なのだろうと思いました。

骨盤を矯正すると手首の痛みがなくなりました

マッサージで身体を緩め、骨盤を整えましたら1週間もしないで手首の痛みは消失しました。骨盤を整えたのはこのときだけです。

大将の調子の悪さは骨盤の歪みだけが原因だったので、骨盤の歪みをなおせば違和感も痛みもすぐに取れます。筋肉が関係していると治療に長くかかるのですが、この場合はすぐになおります。

手首に湿布を貼ってもよくならなかったでしょうね

今回の場合、直接の原因が手首ではないので、手首に湿布を貼ってもなかなかよくならないケースです。

この事例のように、痛みの出る原因が、痛みの出ている場所から遠く離れたところにある症例が多くあります。痛みの原因の多くは使いすぎによることが多いのですが、今回のように姿勢のちょっとした変化が原因となって痛みが出てくることもあります。

今回は手首に痛みが出たのですが、その原因は手首からだいぶ離れた骨盤にありました。骨盤に歪みが出たことが原因でした。

身体は全てつながっています。

身体は全てつながっています。ところで、筋膜(きんまく)ということばは聞いたことはありますか?

筋膜は、身体の筋肉を覆っている膜なのですが、例えると、潜水の時に着用するウエットスーツのようなもので、頭の先からつま先までを覆っています。

ウエットスーツを着ていると、例えば、つま先を引っ張ってもらうと頭のてっぺんに引っ張られる感じが伝わりますね。筋膜にも同じことが起こります。ただ、感覚的にはウエットスーツほどはっきりとは伝わらないのですが、それでも確実に筋膜を介して身体はつながっています。

今回ご紹介した話のように、手首が痛くなった原因が骨盤の歪みにあったことも、身体が全てつながっているからこそ起きることです。

写真撮影の時に、首、肩の高さを注意される方は、一度骨盤の歪みのチェックをされると良いと思います。

手首の痛みでお悩みの方、また、骨盤の歪みが気になる方、治療院よしぐちにご相談ください。ご連絡お待ちしています。自由が丘駅徒歩3分、奥沢駅徒歩5分の整体治療院です。

LINEで送る
Pocket

お待ちしています

営業日や営業時間。料金と地図。ご予約いただく時間表と電話番号はこちらからご覧いただけます。お気軽にご相談下さい。お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA