マッサージをする時、力は使いません

LINEで送る
Pocket

1日10人くらいマッサージしていますと話をすると「疲れませんか?」と驚かれます。しかし、マッサージには、子供の頃、肩こりを揉んでいた手の力は使っていないのです。また、強く揉んだほうが効くと思うのは間違いで弱い刺激の方が効きます。ツボに入ると力は要らないものです。「3000人揉むと手ができる」といわれ、上手になるには訓練と時間が必要です。筋肉を緩めることができると、身体の痛みもほとんどの歪みも解消できます。

マッサージをする時、力は使いません

自由が丘で治療院を開業して今年で28年になります。

その間、たくさんの患者さんから、「1日に何人くらいマッサージをされるのですか」と聞かれたものです。「だいたい10人前後です」そのように答えると、皆さん「毎回、マッサージしていて疲れませんか?」と驚かれます。

しかし、力は入れてないのです。

強く揉んだほうが効くと思うのは間違い

たいていの方は、マッサージは、子供の頃おじいさんおばあさんにしてあげた肩もみと同じものだと思っているようです。

大人の筋肉は硬くて、揉むのにかなり力が必要でした。力を入れて揉むと、決まって「あ~気持ちよい」といってくれたものです。その記憶があるので、強い力で揉んだ方が筋肉がよくほぐれると思っていませんか?

しかし、それは違うのです。

弱い刺激の方が身体に長く留まる

強い刺激はそのときに、こり固まった場所を揉みほぐしますから、効く~って思います。しかし身体に残る刺激は弱ければ弱いほど身体に長く留まってくれます。

強い力のマッサージは例えると、湖面に大きな石を投げ入れるとドボンと水しぶきが大きく上がり、直ぐに消えていくような感じに似ています。強く揉むと、その時だけは筋肉が柔らかくなったように感じますが、筋繊維を痛めてしまいます。その場所が炎症を起こしてまた硬くなってしまいます。いわゆる「揉み返し」が起きてしまいます。

弱い力のマッサージは小石を投げ入れたときに小さい波紋がゆらゆらと静かに広がってくれるように、身体の奥に刺激が入っていきます。

とはいうものの、いくら弱い刺激が良いといっても疲れてこり固まった筋肉には物足りませんから、身体(筋肉)と対話しながら、時には強く時には弱く刺激を入れて行きます。

ツボに入ると力は要らない

ただ、私が力を入れていなくても、患者さんは力を入れて揉んでいるように感じるようです。それは、指が揉むべき場所、いわゆる「ツボ」に入っているからです。

肩こり、腰痛になる場所はだいたい皆さん決まっていますが、身体は十人十色で、一人一人微妙に違います。

揉んでいると「揉んでほしかったのはそこです。良くわかりますね」と言われます。身体を触らせていただくと、身体には穴があいているのです。そこを押して揉んでいけば良いのです。

実際には穴はあいていません。安心してください。あくまでも、治療師の手の感覚なのです。その穴を感じ揉んでいけば、身体は緊張を解いて緩んでくれます。

指をピタリと上手にツボを押さえ、腰の力を指に伝えて行くと力は要らないのです。もちろん、押した時に指にはそれなりの圧がかかってきますから、力に負けない指は作っていなければなりません。

「3000人揉むと手ができる」と言われたものです

修業時代に院長先生に教えていただきました。

「1000人マッサージして人をさわれる手になる、3000人マッサージして初めて治療師の手になる」

治療師の感覚を掴むまで訓練と時間が必要なのです。

毎日毎日、患者さんの身体を揉み続けていたある時、揉んでいた筋肉が緩む感覚がはっきりと手のひらに伝わりました。私の場合は確実になるまで2年近くかかりました。

そして治療師として独立するまでに5年を要し、「どんな痛みの方が来ても大丈夫」の思いで開業させていただき、修業時代を含めると31年経ちました。

今までどのくらいの人数の患者さんを揉んだでしょうか・・・?

毎日のように患者さんの筋肉に触れていると、昔に比べると指の感覚が敏感になったように感じます。指に伝わって来る感覚で、今の筋肉の状態が分かり、緩めるためにはどの方向にどのくらいの力を伝えればよいか無意識に反応しているように思います。

マッサージで筋肉が緩むと痛みが消えます

痛みの治療は、筋肉を緩めることから始めます。

たとえば、腰痛がひどくて来院された方の中には、「この痛みは揉むくらいで治るのかな?」と思う方がいるかもしれません。

いつもお話をさせていただいていますが、痛みの原因は、内臓疾患を除いては筋肉の硬結によって引き起こされていると考えているからです。実際に、硬くなった筋肉を緩めることで、整形外科的には治らないと思われている痛みが消失した症例が多くあります。

身体の歪みも筋肉が緩むと90%解消します

患者さんの中には、身体に歪みが出ている方もいらっしゃいます。

身体の歪みは筋肉が拘縮して骨が引っ張られて出てきます。しかし、筋肉の奥まで緩めることができると、骨は本来の場所に戻ってくれます。

筋肉が緩むと90%近く治療が終わったようなものです。後は戻りきれない骨の歪みを正すようにように誘導して、骨盤矯正ブロックを使い、患者さんの体重を利用して痛みの無い矯正で戻します。

マッサージで筋肉を緩めることはとても大切なのです。

国家資格の免許を取得することは当然のこと

この記事の最初に、子供の頃おじいさんおばあさんにしてあげた肩もみの話を書きました。マッサージというより「揉む」こと自体、皆さんも日常的に無意識にしていることなので、わりと普通のことだと思われるかもしれません。

しかし、マッサージの効果を追求すると、感覚を掴むまで訓練と時間が必要です。

我々が、取得している国家資格は「按摩・マッサージ・指圧師」です。

当院スタッフは、全員国家資格を持っています。医療に携わって行くために3年間専門学校に行き、基礎医学をはじめ医療者としてさまざまな場面に対応できる幅広い技術や専門知識を学び、学校を卒業して初めて国家試験の受験資格をもらい資格を取得します。

皆様の身体を預かる仕事には、資格と資格を取得するための勉強と訓練は最低限必要だと考えています。

身体の痛みでお悩みの方、一度治療院よしぐちまでご相談ください。ご連絡お待ちしています。

自由が丘駅南口徒歩3分、奥沢駅徒歩5分の整体治療院です。

LINEで送る
Pocket

お待ちしています

営業日や営業時間。料金と地図。ご予約いただく時間表と電話番号はこちらからご覧いただけます。お気軽にご相談下さい。お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA