定期的な治療はご高齢の方には必要だと考えています

LINEで送る
Pocket

患者さんの中には、ある時、ふっと来られなくなり相当時間が経ってまた来られる方がいます。もともとの症状が再発した時に思い出していただいたのです。一度よくなって治療を止めてもすぐに再発することはありません。しかし、当院ではご高齢の方には定期的な治療をご提案しています。症状がない、よい状態が「普通」だと感じていただきたいからです。

治療に来られなくなり、かなり時間が経ってからまた来院される方がいます

前回、筋肉が目立って老化し始めるのは70代からでは、25年通って下さる患者さんのことを書きました。自由が丘で30年近く営業していますが、思い起こせば、本当にたくさんの方に通っていただいたものだと思います。

長く通っていただいても、やがて、高齢化のため来られなくなる方、また、遠くに転居された方もいらっしゃいます。そして、しばらく通って来られていたものの、やがて、ふっと来られなくなる方もいらっしゃいます。

どんな仕事でもそうだと思いますが、お客さん(当院の場合は患者さんです)のことは、なかなか忘れないものです。たまに、何かのきっかけで思い出すことがあります。

そんな患者さんの中に、時間がかなり経ってから、また来院して下さる方がいらっしゃいます。

もちろん、治療師として私はとても嬉しいのですが、なぜまた来られたかという患者さんの話が、痛みやしびれを持つ他の患者さんに参考になると思います。今回はそのことを書きます。

腰痛になり最初に受けた治療を思い出した

60代女性の例を紹介します。再来院のきっかけは、数年ぶりに腰痛になり、最初に当院で受けた治療を思い出してくれたのです。

そもそも来院のきっかけは腰痛、やがてリウマチに

2006年9月下旬に、紹介にて腰痛で来院されました。腰痛が完治してからは、予防のために定期的に通っていただいていました。

ある日、手首の痛みを訴えました。それも両手首です、両方同時に出る痛みは普通ではないことが多いです。

両方の手を広げて見ますと、全指の関節が腫れぼったい感がありました。指の関節が腫れぼったく痛みを伴うときに我々が疑うのが、リウマチです。また、手首の関節を触りますとゴツッとした感触があり明らかに普通ではありません。長年この仕事についての直感と大勢の方の手首を触ってきた一般の方の手首の握り具合が違うのです。

同じような症状でヘバーデン結節という病気もありますので、早めにリウマチ専門の先生の受診を勧めて診断をしていただきました。

検査の結果リウマチと診断され、リウマチが判明してからも病院で処方された薬と併用して定期的に来院していただき、マッサージ治療を続けました。

リウマチ症状も楽になり、手首の痛みも消失しました。初期のリウマチにもマッサージは大変有効だと思います。血流の改善がリウマチの症状を楽にするのではと考えています。

4年前に埼玉に転居

自由が丘の近隣にお住まいでしたが、4年前に埼玉に引っ越しをされました。昔と違って、私鉄が相互乗り入れをしているものの、埼玉から自由が丘に来るのは時間がかかるので大変です。それでも、引っ越したばかりの頃は埼玉から自由が丘まで治療に来てくれていました。しかし、(当然のことですが)やがて、来られなくなりました。

ぎっくり腰になり、最初に受けた治療を思い出してくれた

先月、突然に予約の電話があり来院されました。お話を伺うと「先月、ギックリ腰になって近くで治療を受けたが、あまりよくなかった。そう言えば、最初の腰痛になった時の痛みと同じだったのを思い出した」との事で、自由が丘まで来てくれました。二年半ぶりの事でした。

身体を診させていただくと、以前に来院されていた時と比べて筋肉が柔らかくなっていました。趣味で社交ダンスを始めて週に一回通っているとのことでした。「やはり、週一回でもからだを動かすのは気持ちが良い」と言っていました。

腰も大事にはならず、マッサージで筋肉を緩めて骨盤調整をして施術を終えました。痛みはすぐに消失することでしょう。

当時、身体のためにウォーキングでもヨガでも良いので身体を動かしてくださいとお願いしていたのですが、一向に聞き入れていただけなかったのですが。自分からやろうと決めたことは長続きします。

社交ダンスを始めて9ヶ月になるそうです。治療後「身体は柔らかくなっています、このペースで良いので続けてください。そして時々は大変ですが、自由が丘に来て身体のメンテナンスをしてください」とお話をして帰って頂きました。

定期的に治療を受けている時、自分の身体の状態がよい状態であるとは思わないものです

上でご紹介した方は、数年ぶりにひどい腰痛になり当院のことを思い出してくれました。でも、通われていた当時、腰痛がよくなった後は、自分の腰がよい状態を維持しているとは自覚していなかったと思います。

当院に定期的に通って下さる患者さんは多いです。みなさん、自分なりのペースで通っています。毎週の方、2週間に1度の方、4週間に1度の方など、さまざまです。

今、定期的に通って下さる方も、きっと自分の痛みやしびれがある部位がよい状態になっていると自覚されてないと思います。なぜかというと、その状態が自分にとって「普通」になっているからです。

普通が、「よい」状態であったと気がつくのは、定期的なメンテナンスや治療を受けなくなってしばらくして痛みなどの症状が出た時です。

治療を受けなくなっても急に状態が悪くなることはありません

たとえば、腰痛になって治療を受けてよくなった方が、定期的に治療を受けなくてもすぐに腰痛が再発することはありません。身体には適応力があるからです。

しかし、腰痛になった方は、腰痛になる身体の使い方をしています。それが根本的な原因なのですが、それを変えないとまた少しずつ腰痛が出る条件をためていくことになります。

疲労は毎日少しずつ身体にたまっていきますが、それは感じにくいのです。慣れてそれが「普通」になってしまうからです。

その証拠、というわけではありませんが、疲労の蓄積によって痛みが出た方が「こんなにも、筋肉が硬くなっていたとは気がつきませんでした。触られて初めてわかりました」「身体のコリはこのくらい普通だと思っていた」なんて言われます。

定期的な治療は、よい状態が「普通」であるためにする

身体はよい状態にも悪い状態にも慣れて、それが「普通」になります。しかし、よい状態が「普通」になっていると、身体の不調や疲労を感じやすくなります。それを早めに解消すれば、ひどい痛みやしびれが再発することはありません。

若い人は少々の疲労や不調を跳ね返すだけの力を持っていますが、ご高齢の方は、定期的な身体の手入れをした方が毎日を元気に過ごせると思っています。

当院のコンセプトは「痛みの出ない身体作りを目指します」です。痛みしびれなど症状がなくなった後も定期的なメンテナンスをご提案しています。

頻度は患者さんによってまちまちです。

定期的に通われていると、何となく漫然と通っているような気がする方もいらっしゃるかもしれません。しかし、考え方を少し変えて、ご自分の身体の使い方、姿勢や歩き方など積極的にご相談下さい。姿勢がよくなれば、その影響は筋肉にも現れます。その変化を私たちは感じることができ、患者さんにフィードバックすることができます。

痛みしびれについてお悩みのことがありましたら、ご相談ください。ご連絡お待ちしています。

自由が丘駅南口徒歩3分、奥沢駅徒歩5分の整体治療院です。

LINEで送る
Pocket

お待ちしています

営業日や営業時間。料金と地図。ご予約いただく時間表と電話番号はこちらからご覧いただけます。お気軽にご相談下さい。お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA