MBTシューズで下肢の筋力アップ

LINEで送る
Pocket

最近、MBTシューズを買いました。底が厚くて丸い変わった形の靴ですが、履いて歩くと、お腹の中が上に引き上げられる、骨盤底筋を意識した時の感覚があります。また、大股で歩いた時のようにお尻の筋肉を使っている感じもあり、脛の筋肉が痛くなりました。この靴は、下肢の筋力アップにつながります。

MBTシューズを買った

最近、MBTシューズという少し変わった形の靴を購入しました。当院から歩いて5分くらいのところに、MBTシューズのお店、WALK STYLE JIYUGAOKAがあります。そこで購入しました。

MBTシューズとは、公式サイトでこのように説明されています。

MBTは、マサイ族が裸足で歩く技術を再現。
身体のゆがみをリセットし、足の裏にかかる負担軽減や、日常では使用しづらい筋肉の働きを促す。

ライフスタイルに取り込むことで、体幹バランスを整える、機能性シューズのパイオニア。

体幹バランスを整えるなんて、興味津々です。当院の患者さんにも役に立ちそうです。

今回、MBTシューズを知ったきっかけは、とある山岳会に入会したことです。事務局長のところに挨拶に行ったところが、MBTシューズを販売しているそのお店だったのです。

そこでMBTシューズというものを初めて見ました。その印象は「面白いソールの形をしているな」でした。こんな形をしています。

底が厚くて丸いのです。

シューズのカタログには「ウォーキングは人間の基本動作、もっと自然な動きを助けてくれるようなシューズがあったらどうだろう。MBTシューズは普段の生活から履き続けることで人間に必要な正しい姿勢とバランスを引き出してくれる他にはないオンリーワンなシューズ」と書かれていました。

お店のオーナー、多賀谷由紀子さんは、神戸出身。2005年にアウトドアセレクトショップでMBTシューズと出会い、MBT使用後1か月で、スキー後の筋肉痛の少なさや、履き続けると姿勢が整っていく感覚に感激してほれ込んでしまい、なんと靴を購入したお店に就職までしてしまったそうです。

その後、MBTトレーナーの資格も取得。MBT販売担当として、靴の魅力を神戸の人々に伝えてきたそうです。その後、2011年に東京でMBTを販売したいと東京都内のMBT直営店で7年間働き、2017年に念願の独立。現在の場所に店舗を構えました。

私は山歩きの体力を少しでも落とさないようにウォーキングを日課にしています。「人間に必要な正しい姿勢とバランスを引き出してくれる」というコピーと、多賀谷さんの話をうかがっているうちに、この靴を履いてウォーキングをしてみたら、歩く時の体軸、体勢感覚はどう変わるのだろう?より感じられるようになるのだろうか?と興味が俄然わいてきました。

「WALK STYLE JIYUGAOKA」

Instagram:https://www.instagram.com/ws_jiyugaoka/

通販サイト:https://mbtj.official.ec/

ブログ : http://blog.livedoor.jp/mwsj/

MBTシューズの特徴

MBTシューズの外観は、写真で見ていただくように厚底で丸く、靴底の先端と後ろが反りあがっています。このシューズは私が買ったジョギング用なので、靴底の丸みは少ない方です。

不安定に慣れてバランス感覚と筋肉を鍛える

靴底の丸くなった形状は、柔らかく不安定な地面の上を再現して日常生活を「運動」にする効果があるそうです。不安定な地面の上を再現しているのですから、履いて歩くと「ワァー、なんて歩きやすいんだろう!」と感じるわけではありません。やや不安定な感じがします。先に書いておきます。

しかし、この靴に慣れてくると「足裏にかかる圧力を軽減」「姿勢とバランスの改善」「筋肉の活性を助長」などの効果が期待できるそうです。

底の丸さはレベル1から3まであり初心者から上級者に合わせてチョイスできます。上級者用の靴底はかなり丸みが強くなっています。このような特殊な靴底の形状のため、履き始めは普段の靴に比べると前脛骨筋という足先を持ち上げるときにつかわれる筋肉に疲れを感じるでしょう。

実際にウォーキングしてみた

靴を購入した翌日の朝、早速歩いてみました。

靴を履いて2~3歩足を出したときに自然にお腹の中が上に引き上げられる感覚(背筋が伸びる感じ)がありました。この感覚は骨盤底筋を意識した時の感覚で、歩き始めてすぐに大股で歩いた時のようにお尻の筋肉を使っているなと感じられ、脛の筋肉(弁慶の泣き所と言われいる骨の横)が痛くなりました。

下肢の筋力アップにつながる

この場所は長時間歩いていると筋疲労を起こして筋肉痛になる場所です。短時間で筋肉痛を起こすとは、膝から下の筋肉をかなり動員していることがわかりました。

これは長期的に続けていると下肢の筋力アップにつながると実感しました。

毎日歩くことで筋力アップできれば、山歩きをする私にとってありがたい。私の家は港北ニュータウンにあり、山を切り開いて開拓した土地なので家の周囲は山坂です。

500mも続く上り坂がそこかしこにあり、あえてウォーキングの強度を上げるために上り坂の多い道を選んで6キロから7キロを毎日歩きました。

しかし、何ごとも「過ぎたるは猶及ばざるが如し」。筋肉に短時間で高負荷をかける筋トレをやっているようなもので、1週間も歩いているとお尻から腰に疲労がたまっていました。そして、椅子から立ち上がる時に腰から仙腸関節にかけて痛みを感じました。あらら、ギックリ腰をやってしまいました。

明らかにウォーキング後のストレッチが不足していました。あまりにも簡単に筋肉強化になって喜び勇んでいたのですが、腰にも大きな負荷がかかっていたのです。ウォーキング後のストレッチをしっかりやっていれば問題がないことでした。大いに反省。

今はストレッチをきちんとやるようにしています。この靴は、下肢の筋力アップに効果があります。

ある年齢を超えたら姿勢やバランスを整えることが大切

街を歩いていると、姿勢が歪んで歩いているお年寄りをよく見かけます。誰でも年を取ると筋肉が減って、バランス感覚も衰えて行きます。

しかし、できるだけ姿勢が崩れないようにしようと、当院でもラジオ体操とウォーキングを推奨しています。毎日ラジオ体操で大きく筋肉を動かし、歩くことで体のバランス感覚を養い筋力の低下を抑えます。

筋力が低下すると体を起こしていることがつらくなり、背中を丸めているほうが楽になります。その結果、骨盤後傾になり猫背を助長させ、膝が伸びなくなって曲げているのが楽になり、膝がO脚気味で歩くことになります。このままにしていると、体についたクセが固定化してしまいます。

80代女性が来院

80代の女性が「WALK STYLE JIYUGAOKA」さんのご紹介で来院されました。とても80歳代には見えません。とにかく見た目年齢が若く声にも張りがあり、お元気な方とお見受けしました。

お話をうかがうと10年以上MBTの靴を愛用しているとのこと。ご本人曰く「もうこの靴以外履く気がしない」とのことです。理由を尋ねると「地面に足をついた時の感触が良い」とのこと。

しかし、残念ながらここのところ運動らしい事はしていなく、下肢の筋力が落ちて最近ふらつくようになったと話してくれました。

身体を診せていただくと、腰部の筋肉の深部に強いコリが居座って、やはり下肢の筋肉が落ちています。マッサージで腰部をよくゆるめていくと「今までこのような形で腰をマッサージしてもらったことがない」言ってくれました。

何回か定期的な施術が必要なことと、せっかく良い靴を履いているのだからマッサージもよいのですが他力本願ではなく、ご自分でもラジオ体操・ウォーキングや30分で完結する女性だけのトレーニングジムがあるので筋トレも併せてしてくださいとお願いしました。ご本人も「自分で体を動かさないといけないわね」と納得してくれました。

靴の力を借りるのもよい方法

ラジオ体操は数分で終わりますが、私のように毎日意識して6~7キロ歩いている人はそれほど多くないでしょう。しかし、ほとんどの方は、毎日外に出て歩いていると思います。

漫然と歩いていると何の効果も期待できませんが、MBTシューズのような靴を履いて歩くと、わずかな距離でもバランス感覚と筋肉が刺激されてちょっとしたトレーニングになります。ウォーキングを始めるのは少し決意が必要ですが、買い物に行ったり、出かける時間をついでにトレーニングに使うと考えると、このような靴の力を借りるのもよい方法だと思います。

靴について、これからもいろいろ試してお知らせしようと思いました。なお、MBTの靴について詳しく知りたい方は是非お店を訪ねてください。オーナーの由紀子さんが丁寧に教えてくれます。由紀子さんはただ靴を売るだけなのは嫌で、本当にMBTシューズの良さを理解して購入してもらいたく、接客時は他の方の入店もお断りするぐらいにしています。来店される前に必ず電話していってください。その時には治療院のブログを読んでとお伝えください。

姿勢の歪みやバランス感覚に不安のある方、治療院よしぐちまでご連絡ご相談下さい。

自由が丘南口徒歩3分 奥沢駅徒歩5分の整体治療院です。

LINEで送る
Pocket

お待ちしています

営業日や営業時間。料金と地図。ご予約いただく時間表と電話番号はこちらからご覧いただけます。お気軽にご相談下さい。お待ちしています。