腕から手の痛みで多いのはテニスエルボーと手首の腱鞘炎

LINEで送る
Pocket

腕から手に出る痛みは、テニスエルボーと手首の腱鞘炎が圧倒的に多いです。テニスエルボーは、重いものを手に持ち肘に負担をかけることが原因です。テニスだけでなくフライパンを持つ料理人にも症状がでます。また、手首の腱鞘炎は、パソコンのキーボード操作を続けている人や毎日はさみを使い続ける美容師の方がなりやすいです。

腕から手の痛みで圧倒的に多いのは、いわゆる「テニスエルボー」と手首の腱鞘炎です。普段の動作が、意外と肘と手首に負担をかけています。

テニスエルボー(上腕骨外側上顆炎)

一般的に、テニスなど、長尺ものを扱う運動時に反復動作を繰り返すことで出る症状です。痛みの場所は肘の外側、内側に出ます。

俗に「テニスエルボー」と言われていて、痛みの発症は些細なことで起こります。正式には、上腕骨外側上顆炎といいます。

当院の患者さんの中では、テニス、スカッシュをやられている方が、ラケットのガットやグリップの調整後に痛みを発症した症例が多数ありました。

また、運動をしなくても日常生活において、重たい物を持って肘に負担をかける動作を繰り返すことでも痛みを発症します。例えば、フライパンなどを使う調理師の方や、買い物でいつも重たい荷物を持つ方に起きます。

手首の腱鞘炎(ドケルバン病)

手首の腱鞘炎で、親指を動かした時や力を入れると親指の付け根から手首にかけて腫れや痛みが出ます。仕事でパソコンのキーボード操作、スマートフォンの片手での操作、はさみを持って難しい角度でカットを繰り返す美容師の方、育児や家事で親指を酷使した主婦の方が発症します。

また女性の場合、更年期によるホルモンバランスのくずれで発症するともいわれます。

病院での診断

手や腕は、よく動かしますから違和感があれば感じやすい場所です。痛みの程度による深刻さはほとんどの方がご自分で判断できるのではないかと思います。

ひどく痛む。腫れる。熱を持つ。普段とあまりに違っていていやな感じがするときは、整形外科を受診することをおすすめします。整形外科では、レントゲンを撮り、さらに痛みを誘発する動きの検査で原因となる場所が診断できます。

痛みの原因が分かると安心して、当院での施術を受けていただくことができると考えます。

当院での治療方法と症例

当院では、痛みの出ている場所だけを対象に施術はしません。まず、身体全体を診ます。そして、肘の痛みでしたら、肩甲骨周囲およびそれに関連する筋肉の拘縮をマッサージで緩めていきます。

手首の腱鞘炎でしたら、前腕、上腕、大胸筋と関連する筋肉を緩めていきます。

Sさん70代 女性

主訴は親指付け根の腫れと痛みで来院されました。

お話を伺うと、思い当たる原因は不明で、急に指の痛みが出たとのことでした。最近どんなことがあったか話を深く聞いていくと、歯の治療で抜歯したということでした。

抜歯すると首と肩のコリが強くなります。推測して触診しますとコリと言うよりも強い緊張でした。でも、ご本人には自覚がありません。緊張が強いままで日常生活を過ごして、身体のバランが崩れ、手首に大きな負担がかかり腱鞘炎になったと思われます。

自分でできること(セルフケア等)

痛みが出ましたら、アイシングと安静にすることが大切です。なるべく痛みの出ている場所に負担をかけないようにしてください。

本来は安静が一番必要なことですが、お仕事柄、安静に出来ない方は、肘に衝撃が伝わらないサポーターがあります。それらを使用して負担を軽減してください。

そして、マッサージで硬くなった筋肉を緩めるために早めに来院してください。多少、時間がかかりますが痛みは消失していきます。

テニスエルボー、手首の腱鞘炎でお悩みの方、どうぞ治療院よしぐちまでご相談、ご連絡をください。お待ちしています。自由が丘駅南口から徒歩3分、奥沢駅から徒歩5分の整体治療院です。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA