腰部脊柱管狭窄症について

LINEで送る
Pocket

腰部脊柱管狭窄症についてお問い合わせを時々いただきます。腰部脊柱管狭窄症と診断された場合、当院で治療できる場合とできない場合があります。それをまずお伝えしておきたいと思います。しかし、マッサージは受けていただいた方がよいです。その理由もお知らせしましょう。

腰部脊柱管狭窄症の治療はできる場合とできない場合があります

当院の患者さんは、比較的高齢の方が多くいらっしゃいます。それで、時々、腰部脊柱管狭窄症のご相談を受けます。

腰部脊柱管狭窄症は、背骨の中を通っている脊髄神経が圧迫されて、しびれ、痛みが出ます。腰部脊柱管狭窄症と診断された場合、当院で治療できる場合とできない場合があります。それを先にお伝えしておきたいと思います。

治療できる場合は、骨のずれ(すべり症など)や椎間板ヘルニアなどによって脊髄神経が圧迫されている場合です。これは周辺の筋肉を時間をかけてストレッチを取り入れながらもみほぐし、柔らかくすることで骨を正常な位置に戻します。すると、神経の圧迫が解消され、痛みが軽減し、やがて解放されます。

一方、治療できない場合は、脊髄神経が通っている脊柱管内部が、何らかの原因で圧迫されて細くなっている場合です。この場合は手術してその原因を取り除くしかありません。

できるだけ早く見極めます

脊柱管が圧迫されて痛みがある部分は、どちらにしても筋肉が硬くなっているので、まず、筋肉をマッサージでもみほぐして柔らかくします。

筋肉が柔らかくなっても痛みが軽くならない、もしくは、すぐに痛みが出てまた筋肉が硬くなってしまう場合は、脊柱管内部が何らかの原因で圧迫されて細くなっていると考えられます。その場合は、整形外科でより詳しく診てもらうようおすすめしています。

患者さんが早く痛みから解放されることが一番だと考えています。いたずらに治療を長引かせることなく、見極めを早くするよう心がけています。

そもそも腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症は、テレビでも時々耳にするようになりました。「痛い」ことだけはよく知られていますが、どんな原因で起きる症状なのか意外と知られていないようです。

まず、それを説明しましょう。

腰部脊柱管狭窄症は、脊髄の神経が通る脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されることで痛みやしびれが起きる症状のことをいいます。

脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれています。加齢によって、背骨が変形したり、椎間板がふくらんだり、黄色靱帯が厚くなると、脊柱管が狭くなるので、脊椎神経が圧迫されてしまうのです。

比較的高齢の方に出やすい症状です。

症状には特徴があります

腰部脊柱管狭窄症は4つの特徴的な症状が出ます。

  1. 間欠性跛行(かんけつせいはこう)
  2. 足の両側に、しびれ、痛みが出る
  3. 足に冷感がある
  4. 姿勢を変えると痛みが緩和される

間欠性跛行

間欠性跛行とは「かんけつせいはこう」と読みます。跛行(はこう)とは、聞き慣れないことばですが、正常な歩行ができない状態のことをいいます。

歩いていると両足が痛んで歩けなくなり、少し休むとまた歩けるようになります。これを繰り返します。

当院に来られる患者さんの中にもいらっしゃいます。比較的ご高齢の方が多いです。そして、みな同じような話をされます。

「両足に痛みが出たので、その場で立ち止まり、少し前屈みになっていたら痛みが楽になり歩けた」
「そしてまた歩き出したけど、しばらくするとまた痛くて歩けなくなった」

足の両側に、しびれ、痛みが出る

足の両側にしびれや痛みがでます。「両側」と書いた通り、片足ではありません。両足の外側に症状が出るのが特徴です。

足に冷感がある

患者さんは両足の側面に冷えを感じます。しかし、実際にさわってみると冷たくないのです。

姿勢を変えると痛みが緩和される

痛みが出たとき、前屈みをしてみるなど、姿勢を変えると痛みが緩和されます。これも特徴の一つです。

上記のような症状に当てはまるようでしたら、一度整形外科の受診をおすすめします。痛みの原因をつきとめるためです。

整形外科を受診した方がよい理由

歩くと痛みやしびれが出て来て途中で歩けなくなる場合、まず、整形外科で診てもらうことをおすすめしています。この症状が出る病気は他にもあるため、原因を特定することが必要だからです。

腰部脊柱管狭窄症と似ている病気に、閉塞性動脈硬化症があります。

閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症は、足の血管の動脈硬化が進み血液がながれにくくなる病気ですが、同じように痛みやしびれが出ます。もちろん、原因が違うので治療方法も変わります。

また、閉塞性動脈硬化症の場合、痛みの出る足は片方です。血管が硬くなり血の流れが悪くなりますので、冷感を感じ実際にふくらはぎを触りますと、冷たくなっています。

足に痛みが出て歩けなくなり、少し休むとまた歩けるようになるという症状でも、原因を特定するために整形外科に受診をお勧めする理由がわかっていただけるでしょうか。

腰部脊柱管狭窄症と診断されてもマッサージを受けてみて下さい

整形外科で腰部脊柱管狭窄症と診断されても、常時、痛いわけではないので、たいていの場合、しばらく痛み止めをもらいながら様子をみることになります。それで当院にもご相談の電話がかかって来ます。

もちろん、上で書いたように、当院で治療できる場合とできない場合があります。

しかし、それでも当院でマッサージを受けていただくことをおすすめします。筋肉をほぐしても痛みがなくならない、またはすぐにまた痛みが出て筋肉が硬くなってしまう場合は、おそらく脊柱管の中に問題があるだろうと見当がつくからです。

整形外科を受診すると、レントゲンを撮って腰部脊柱管狭窄症と診断されますが、脊柱管の中に問題があっても、レントゲンではわかりません。より精密なMRIなどを使って診てもらう必要があります。

それまでの時間を短くできます。

また、骨のずれ(すべり症など)や椎間板ヘルニアなどによって脊髄神経が圧迫されている場合なら、当院の治療で改善できます。

当院での症例

当院の患者さんで腰部脊柱管狭窄症に関係する症例を2つご紹介しましょう。最初は、腰部脊柱管狭窄症が当院の治療でよくなったケースです。2番目は、腰部脊柱管狭窄症かと思い整形外科受診をすすめたところ、優秀な先生の診断で背骨に腫瘍が見つかったケースです。

80歳 女性 Oさん

当初、変形性股関節症で来院されていました。股関節の痛みが強くなり、家の中での歩行も痛みで支障を起こし、股関節置換手術の評判の良い病院を当院でご紹介し、手術されました。股関節の痛みは完治し、来年で10年目になります。

1~2年前より座骨神経痛が出るようになりましたが、症状から腰部脊柱管狭窄症を疑い、整形外科の受診をおすすめしました。整形外科では腰部脊柱管狭窄症と診断され、「どうしたらよいですか」とご相談を受けました。

当院で定期的にマッサージを受けていただき、やがて痛みは改善され良くなりました。Oさんの場合、すべり症と加齢による椎間板が狭くなることで一時的に神経圧迫をうけて座骨神経痛の症状が出たものと思います。

加齢によって椎間板が狭くなった場合、治療院よしぐちの手技は、椎間板の可動性をつけ、筋肉の拘縮を防ぐのに効果があります。

しかし、長時間歩いたり、観劇などで長く座っていると腰からお尻にかけて筋肉が固くなり、翌日にしびれなどの症状が出やすくなります。それを予防するため、継続的に来院していただいています。

このしびれは、片方の足に出ていて腰部脊柱管狭窄症が原因ではなく、筋肉の拘縮からのものと考えます。*

注:腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状が出ていませんでした。

坐骨神経痛は、脊柱管狭窄によっても出て来ます。詳しくは坐骨神経痛は腰痛からをご参照下さい。

62歳 男性 Aさん

当院のスタッフが、学生時代からの友人たちと久しぶりに集まりがあり参加したところ、友人の一人が足を引きずって歩いていました。しかし、本人は足を引きずっている自覚がなく、スタッフに指摘されて来院されました。

お話を伺うと、下肢のしびれ、痛み、冷感があり、立っているのがつらく、正座をしないといられない状態です。

当院に来られてマッサージを何回か受けていただきましたが、身体自体は楽になりますが、症状の改善はありません。腰部脊柱管狭窄症の疑いがありましたので、整形外科の受診をおすすめしました。受診したところ背骨の上の方に腫瘍が見つかり、それが神経を圧迫していたことがわかりました。

整形外科の先生が、「上の方に何かあると」見つけられました。先生の見立てには頭が下がります。これも先生の診断の引き出しの多さだと思います。本来、足に出るしびれ等は背骨の下の方に原因があるものですが、Aさんは背骨の上の方に原因があるまれなケースでした。

腫瘍を取り除く手術を受けてしびれはとれましたが、まだ思うように動くことができないので継続的に来院していただいています。病気による、痛み、しびれもあります。今回の症例は整形外科での受診をおすめして良かったお話です。

下肢の痛み、しびれでお悩みの方は治療院よしぐちまでご相談下さい。お電話、お待ちしています。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA