椎体骨折(圧迫骨折)とギックリ腰を間違えないで

LINEで送る
Pocket

お年寄りの、突然の腰痛は椎体骨折(圧迫骨折)を疑います。骨粗しょう症が原因の骨折です。まず整形外科を受診してください。骨が固まった後のマッサージはかなり有効で、痛みを早く取り除きます。

椎体骨折(圧迫骨折)は骨粗しょう症が原因で起きます

お年寄りの突然の腰痛は、骨粗しょう症で骨が弱り椎体骨折(圧迫骨折)起こして痛みが出たのかもしれません。ご本人はギックリ腰と思っている場合が多いです。

お年寄りが「ギックリ腰で急に腰が痛くなった」といわれた時、椎体骨折を起こしている可能性があります。椎体(ついたい)骨折は、何年か前まで圧迫骨折といわれてきましたが、最近ではこちらのことばが使われます。

原因は、加齢による骨粗しょう症(骨粗鬆症)です。骨が弱り、骨折しやすくなっているのです。当院でもギックリ腰になったと言われ来院されましたが、実は椎体骨折だった方が何人もいました。転倒、尻もち等でも起こりえます。ご注意下さい。

*骨粗鬆症とは、骨の量(骨量)が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。(日本整形外科学会ホームページより引用)

病院での診断

お年寄りの突然の腰痛は、先ず整形外科を受診してください。MRI画像診断をしてもらえれば骨折かどうか分かります。

ギックリ腰の痛みでは、日を追うごとに痛みは軽減傾向にありますが、椎体骨折は骨折でありますから逆で日ごとに痛みが増してきます。「いつもの痛みとは何か違う」と思われる方は先ず、整形外科で受診してください。

手、足の骨折の場合、ギプス固定をしていれば良いのですが、骨粗鬆症の方は、整形外科でコルセットを作り、装着し安静にしていても背骨に重力がかかります。残念ながらその重力(圧迫)に骨が耐えられなくなり、違う場所が潰れてしまう事があると医師から聞きました。

コルセットをして痛みが軽減してくると、皆さんこれぐらいは大丈夫と安心して動いてしまいがちです。できるだけ安静が望ましく、医師は常に二次骨折を心配しています。

当院での治療方法

骨折した骨が固まり、治ってからのマッサージは大変有効です。

椎体骨折の場合、自宅、もしくは病院での安静が必要のなりますので、治るまでは当院では何も出来ません。

しかし、治ってからのマッサージは大変有効です。それは、けがをした部位は筋肉が硬くなりその硬さが痛みを呼びます。骨は治っているのに痛みを感じる。それは、筋肉の硬さによるものです。

医師から「もう大丈夫」の許可がでたら一日も早い来院をお勧めします。そして、硬くなった筋肉を緩めることにより、痛みは楽になりますよ。

症例

ギックリ腰になったと、来院された高齢の方が椎体骨折(圧迫骨折)だった症例を3つご紹介します。

Yさん 80歳代 女性

定期的に長いこと、当院に来ていただいていたYさんから電話で「ギックリ腰になったので診てもらいたい」と電話があり、すぐに来院していただき話を聞いたところ「買い物で歩いていたら、急に腰が痛くなった」とのことでした。ベッドに横になってもらおうとしたのですが、痛くて横になれません。

痛みかたをみていたら尋常ではない痛みかたでした。普通、歩いているだけではギックリ腰になることは考えられません。年齢からみて椎体骨折を疑いました。痛いお身体で来てもらったのですが当院のスタッフが付き添い整形外科までタクシーでお送りしました。結果やはり、椎体骨折でした。

義父 80歳代

腰の痛みを訴え来院。それまでも、何度か身体のメンテナンスで来てもらっていました。ベッドに寝ることは出来ましたが、背中を触っていくといつもの痛みとは違う。すぐに、施術を中止して家内に迎えに来てもらいその足で整形外科に。

レントゲン撮影で椎体骨折が判明、入院設備のないクリニックでしたので病院を紹介してもらい、一人暮らしの義父です。入院し退院後、すぐにマッサージを開始して、骨折後の筋拘縮を取り除き元気に暮らしております。

Mさん 70歳代 女性

雨上がり、散歩中に足を滑らせ尻餅をつき、腰の痛みで連絡があり身体を診させていただきました。「尻餅をついた」のことでいやな予感がしたのですが、それほど痛む様子は見られずベッドの寝起きも普通でした。一日おいて来院していただきましたが痛みの改善の様子はなく、この日より起きるときの痛みを訴えてきました。違和感を感じ、整形外科での受診を勧めご本人は元気な方であまり乗る気ではなかったのですが、受診してもらい椎体骨折が判明しました。

このように、高齢者の椎体骨折は大変多く高齢者の場合、ギックリ腰と聞くと先ずは骨折を疑います。骨折が良くなったら、一日も早くマッサージをお勧めします。

自分でできること

骨折後のケアとしましては、硬くなっている筋肉を柔らかくすることが大事です。歩くとき、大きく手を振ることで肩甲骨周辺の筋肉が動かされ柔らかくなります。ウオーキング、そして歩いた後はストレッチがおすすめです。

治療院よしぐち流ウォーキング。

どこどこまで、行こうとか場所を決めてしまうのは三日坊主の始まり。先ずは15分間、いけるところまで歩きましょう。15分経過したらその場所から帰ってきましょう。そして歩くことになれてきたら、時間を少しずつ延ばしていきましょう。これが、治療院よしぐち流ウォーキングです。

何か不安や疑問がありましたらいつでも、治療院よしぐちまでお電話ください。お待ちしています。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

ギックリ腰

次の記事

金峰山でのハプニング